エスカレーター「80代高齢者女性首が挟まり死亡」

エンタメ
esukareta1

東京都西東京市のスーパーで、エスカレーターの事故がありました。

この事故で80代の女性が亡くなりました。

エスカレーターは便利ですが、使い方を間違えるととても危険です。

この記事では、事故の原因とエスカレーターの安全な使い方について記載します。

 


エスカレーター事故の概要

2024年6月12日18時41分、東京都西東京市の「オーケー東伏見店」というスーパーで、80代の女性がエスカレーターの手すりの巻き込み口で首を挟まれた状態で発見されました。

病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。

この女性は、買い物用の手押し車とともに1階からエスカレーターに乗り、地下1階のフロアーに降りたところで転倒しました。

エスカレーターの手すりと床の間に首が挟まれて死亡しました。

NHK

NHK引用

NHK

NHK引用

erebeta

SNS引用

 


エスカレーター事故の原因と背景

この事故の原因は、以下のような点が考えられます:

  • エスカレーターでの手押し車の利用: エスカレーターで手押し車を使うとバランスを崩しやすく、転倒のリスクが高まります。
  • 降り口での転倒: エスカレーターの降り口でバランスを崩すと、手すりや床に巻き込まれる危険があります。

この事故は、高齢者が、手押し車をエスカレーターで使うことがどれだけ危険かを改めて示しました。

 


エスカレーターの安全な使い方

エスカレーターを安全に利用するためには、以下の5つのルールを守ることが大切です。

1.エスカレーターの手すりにつかまる

エスカレーターに乗ったら、必ず手すりをしっかりつかむことが大切です。これにより、バランスを保つことができます。

注意点:

  • 手を離さず、しっかり握る。
  • 荷物を持っているときは、エレベーターを使う。

2. エスカレーターでは歩かない

エスカレーターでは、じっと立っていることが大切です。歩いたり走ったりすると、転倒するリスクが高まります。

注意点:

  • エスカレーターでは動かないようにすることが大切です。

3. 長い服やひもに注意

長いスカートやひもがエスカレーターに巻き込まれることがあります。服装に気をつけることが大切です。

注意点:

  • 長いスカートやひもはまとめておく。
  • バッグやリュックのひもにも注意する。

4. 手押し車やベビーカーはエレベーターを使う

手押し車やベビーカー、車いすはエスカレーターに乗せない。

エレベーターを利用するのが安全です。

注意点:

  • エレベーターを利用して安全に移動する。
  • 無理にエスカレーターに乗らない。

5. 緊急停止ボタンを確認する

adobi stock

adobe stock引用

エスカレーターには、緊急停止ボタンがあります。

事故が起きたときには、このボタンを押してエスカレーターを止めることができますが、押す前に周囲に声をかけることも必要です。

急停止した場合他の人も転倒する恐れがあるからです。

注意点:

  • 緊急停止ボタンの場所を確認しておく。
  • 周囲に「止めるよ!」と声をかけてから押す。

エスカレーターの利用における高齢者への注意喚起

高齢者はエスカレーターを利用する際、平衡感覚の衰えや体力の低下により事故に遭いやすくなります。次の点に注意してください:

  • 手すりをしっかりつかむ: バランスを保つために必要です。
  • 荷物を持たない: 両手が自由になるようにしましょう。
  • エレベーターを利用する: 特に手押し車やベビーカーを使用している場合エレベーターを利用しましょう。

エスカレーターでの事故の事例

いくつかのエスカレーターでの事故について記載していきます。

2024年JR水戸駅でのエスカレーター事件

mitoeki

NHK引用

2024年3月26日、JR水戸駅のエスカレーターの降り口で72歳の男性が上着のすそが手すりに巻き込まれ、倒れた状態で発見されましたが、その後死亡が確認されました。

 

2017年7月10日高松市の量販店でのエスカレーター事故

takamatushi

NHK引用

2017年7月10日に、高松市の量販店で車椅子に乗っていた妻と、付き添いの夫がエスカレーターを降りようとした際に転倒し、後ろにいた利用者が巻き込まれて死亡した事故がありました。

その他のエスカレーターでの事故

NHK

NHK引用

・2023年5月29日に東京都内では、幼児がエスカレーターの手すりに手をはさまれ、軽いけがを負いました。

・2020年3月13日、神奈川県で点検作業をしていた作業員がエスカレーターの階段部分を外した状態で動かして作業をしていたところ、誤ってその中に転落して、挟まれて死亡しました。

・国土交通省が2010年から2023年5月末までの全国自治体の報告の結果、エスカレーターの事故は54件あり、中には死亡したり大けがを負った事故もありました。

 

まとめ

エスカレーターを使うときは、必ず安全に気をつけることが大切です。以下のポイントを守りましょう:

  • 手すりにつかまる: しっかり握ってバランスを保ちましょう。
  • 歩かない: エスカレーターでは立ち止まりましょう。
  • 長い服やひもに注意: 巻き込まれないようにしましょう。
  • 手押し車やベビーカーはエレベーターを使う: 安全な移動手段を選びましょう。
  • 緊急停止ボタンの場所を確認する: 緊急時に対応できるようにしましょう。

参考リンク

 

コメント