黒木メイサ10年ぶり日本で活動その間に何があった?

エンタメ
kuroki meisa01

女優・モデルとして活躍されていた黒木メイサさんが、赤西仁さんとの離婚で、10年ぶりに日本での芸能活動を再開することになりました。

10年間の黒木メイサさんの海外での生活や子育て、そして今後の日本での芸能活動などを解説します。

 

黒木メイサさん離婚までの10年間

黒木メイサさんは、2011年に友人との食事会で、赤西仁さんと知り合います。

知り合ってから、半年でスピード結婚します。

スピード結婚の理由は妊娠だと言われています。

2012年9月に長女を出産します。

2017年6月には長男を出産します。

黒木メイサさんと赤西仁さんは、2023年12月25日に離婚をします。

黒木メイサさんは、離婚を期に日本での芸能活動を再開します。

 

黒木メイサさん、家族との10年間の生活

2019年頃から生活拠点をハワイとロサンゼルスに移し、二人の子供もハワイの学校に通っていたそうです。

ロサンゼルスでは、現地の日本人コミュニティと交流を深め、ハワイでは子供達との時間を大切に過ごしながら、自身のキャリアについても考えていたようです。

黒木メイサさんはアメリカでの生活を通して、フレンドリーでオープンな性格に変わったことに気付き日本での活動を考えるようになりました。

2023年に赤西仁さんと離婚をし、二児の母親として、新たな女優・黒木メイサとしての再出発を決意します。

 

黒木メイサさん離婚後の活動

7月7日に放送された『おしゃれクリップ』で、次のようなことを語っていました。

kuroki nihonseiha

おしゃれクリップより引用

「日本の自然や歴史に触れたい」「神社に行たり、地方でのそば打ちを体験している」という具体的な内容でした。

また、「日本を制覇していきたい」、「日本を旅したい」と意気込みを語っていました。

日本テレビ系列『降り積もれ孤独な死よ』(毎週日曜夜10時30分~)に出演。

kuroki dorama

日本テレビドラマは、16年ぶりの出演です。

子供ができる前は、「いつ死んでも悔いが無い」と思っていたそうですが、今は「いつでも死ねない」という心境に変わったそうです。

仕事にも育児にも責任を感じている発言です。

自身も「人生の第二章」と言っているように新しくなった黒木メイサさんが見られるでしょう。

 

黒木メイサさんの意外な一面

黒木メイサさんは赤西仁と離婚したら寂しくなり「育児中は哺乳瓶を洗いながら泣いていた」と回顧しています。

悲しさのあまりやるせなくなっていた。

それでも中睦まじく過ごしていた日々が愛おしくて、離婚後も赤西さんのことを思いながら「私が頑張らなきゃ」と仕事と育児に励んでいる。

行動も発言もサバサバしている姿から、クールなお姉さんというイメージだが、ドラマでお姫様抱っこされた際には、「キュンとしました」と照れていた。

アジアンビューティーの美貌を持っていても「自身は頭がデカイ」と自負し、帽子はいつもXLサイズにしている。

セーラームーンが好きで、セーラームーン人形をプレゼントされたことを思い出すとなぜかニヤついてしまう。

幼い頃に姉と喧嘩をしても勝てなかったことから、こっそりジュースを飲み干した際に両親が犯人捜しすると全て姉のせいにして反抗していた。

赤西の自由奔放さが好きすぎるあまりに好きな所を聞かれた際には「自身をもっているところ」と照れていた。

 

黒木メイサ10年ぶり日本で活動その間に何があった?のまとめ

今回、黒木メイサさんの結婚後の私生活や、離婚後の決意などをまとめさせていただきました。

今後、新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

コメント