BMWエンジン性能 BMW R18 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジン

車・オートバイ
BMW Engine Performance

水平対向ボクサーエンジンを搭載しているBMW R18のエンジン性能について記載していきます。

水平対向エンジンでも国やメーカーの思想で、ちがったバイクに仕上がります。

魂を揺さぶるシンプルな走りを目指して今回、BMWはR18を市場に投入してきました。

ハイテクへの道を進むのではなく、もっと個性的で本物のオーセンティックでそして、エモーショナルであることを目指しています。

BMW R18は、スローダウンして景色を眺める時代を示唆しているモデルです。

今回、BMW R18のエンジン性能について記載していきます。

 

BMWエンジン性能 BMW R18 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジン

BMW R18 と ホンダゴールド ウイング DCTについて比較してみました。

 

BMW R18エンジン性能 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジン性能の比較表

BMW R 18 ホンダゴールド ウイング DCT
エンジン方式 空油冷水平対向2気筒4ストローク 水冷水平対向6気筒4ストローク
最高出力 67kW(91PS)/4,750rpm 93(126PS)/5,500rpm
排気量 1,801cc 1,833cc
トルク値 158Nm at 3,000 rpm 170Nm at 4,500rpm
燃費 17.85km/L 15km/L
ガソリン ハイオク レギュラーガソリン
燃料タンク容量 16 L 21 L
シート高(mm) 690 745
重量 358kg 390kg
クラッチ形式 乾式単板クラッチ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式(ミッション) ドッグクラッチ式6速トランスミッション、独立型トランスミッションケース 電子式7段変速DCT

*燃費消費率については、WMTCに準拠した1Lあたり燃焼消費率(1名乗車時)です。

 

エンジンの冷却方式について

エンジンの冷却方式について記述します。

 

空冷、水冷、油冷、エンジンを冷やす理由

稼働中のエンジンは、素手で触れられない程熱くなっています。シリンダー内の燃焼室で混合気が爆発することで約800℃の温度になるからです。

エンジンを冷やさないで稼働させると、オーバーヒートを起こしエンジンが停止します。

最悪の場合、ピストンやシリンダー、が溶ける焼きつきという現象が起き、エンジンを交換しなければならなくなります。

そうならないためにエンジンを冷やさなければならないのですが、冷やす方法として、空気で冷やす空冷方式、水で冷やす水冷方式、オイルで冷やす油冷方式があります。

 

BMW R18エンジン の冷却方式

BMW R 18は空冷と油冷の両方の方式を同時採用しています。

空冷方式の場合、金属膨張を見越してピストンとシリンダーにはわずかな隙間が作ってあります。

その為、始動直後のエンジンは振動が大きく、回転上昇がぎこちなく、騒音や排気ガスを発生させます。

それを防ぐ為に、油冷方式も同時に採用しています。

油冷方式は、エンジンオイルをピストンやシリンダーヘッドなどの高熱部分に噴射して冷却します。

ホンダ ゴールド ウイング DCTの場合は、水冷式を採用しています。

水をシリンダー内に循環させてエンジンを冷却させます。空冷よりも効率的に冷却することが出来るので現在では水冷エンジンが支流になっています。

しかし、空冷方式に比べ部品数が増え、構造が複雑になるのでハイパワーを求められるバイクはラジエーターが大型化してしまいます。

デザイン的にラジエーターの大型化を嫌うユーザーもいます。

油冷方式を採用したBMW R 18は、デザイン性を優先しました。

 

BMW R18 エンジンと ホンダゴールド ウイング DCTエンジンの気筒数の違いについて

BMW R18エンジン と ホンダゴールド ウイング DCTエンジンの気筒数の違いについて記載します。

 

R 18

 

BMW R18  2気筒エンジンの利点

最高出力とトルク値はホンダゴールド ウイング DCTの方が勝っています。

同じ排気量でも単気筒の方が、ストロークが大きくなりクランクを回す力が大きくなります。

ストロークが大きいと低回転からでも力強く加速することが出来ます。

これが、単気筒エンジンの歯切れのいい排気音や加速感を生み出します。

重量的にも単気筒の方が有利なので、ホンダゴールド ウイング DCTに比べ32㎏も軽量になっています。

2気筒の場合、加速時にリアタイアを食いつかせるトランクション性能を引き上げやすいので、大排気量車はパワーを効率よく路面に伝える事が可能になります。

 

ホンダゴールド ウイング DCT、6気筒エンジンの利点

気筒数が多くなれば、1回当たりの燃焼が小さくなり燃焼と燃焼の間隔が短くなることでエンジンがスムーズに回るようになります。

多気筒エンジンは、バルブやピストンなどの部品を小さくすることが出来、より回転数を上げる事が出来るので、単気筒エンジンより、パワーを出すことが出来ます。

気筒数が多いと、高回転時の出力が上がり、最高速度が上がります。

反面、低速での加速性能は悪くなり、燃費も落ちます。

BMW R 18よりも2.85km/Lも燃費が悪くなっているのはそういった理由からです。

 

BMW R18エンジンに向いているユーザー

メーカー希望小売価格(消費税込)が2,668,000円~とホンダゴールド ウイング DCTよりも約100万円ほど安く設定しているので、予算に余裕がないユーザーにお勧めです。

エンジンの歯切れのいい排気音や加速感、加速時にリアタイアを食いつかせる乗り味を求めるユーザーに向いています。

伝統的なBMWの水平対向ボクサーエンジンを求める、あるいは体感してみたいユーザー向けです。

バイクにレトロ感のある、シンプルなデザインを求めているユーザー向けです。

 

BMW R18エンジンの口コミ

・オブジェとしては最高にカッコイイバイクデザイン。・重いし、でかいし、疲れるし、出先で止める場所がない。・エンジン音がいい、トルクのパワーも凄い、そのわりには取り回しが良く、街乗りも行ける。・バックギアがあるのでどんな駐輪場でも後ろから出せる。・レトロな外観が一部のライダーに評価されているが、その古風なスタイルがカッコ悪いとの評価もある。

 

ディラーでBMW R NINE T PURE OPTION の試乗をしました

R nine T engine

ディラーでBMW R NINE T PURE OPTION 719 を走行はしませんでしたが、試乗させて頂きました。

徹底的に無駄をそぎ落としたデザインで、自分の個性に合わせたオプションパーツを取り入れられることができるカスタムバイクが、BMW R NINE T PURE OPTIONです。

空水冷2気筒ボクサーエンジンで排気量1,170cc、トルク値80kW(109ps)のエンジンをかけた時には水平に走るピストンの感覚、微妙で心地よい振動を身体で感じ、魂が震える感動を体験しました。

「これがBMWのボクサーエンジンか」とつい叫んでしまいました。

 

BMWエンジン性能 BMW R18 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジンのまとめ

・BMWエンジン性能 BMW R18 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジン

・BMW R18エンジン性能 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジン性能の比較表

・エンジンの冷却方式について

・空冷、水冷、油冷、エンジンを冷やす理由

・BMW R18エンジン の冷却方式

・BMW R18 エンジンと ホンダゴールド ウイング DCTエンジンの気筒数の違いについて

・BMW R18  2気筒エンジンの利点

・ホンダゴールド ウイング DCT、6気筒エンジンの利点

・BMW R18エンジンに向いているユーザー

・BMW R18エンジンの口コミ

・ディラーでBMW R NINE T PURE OPTION の試乗をしました

・BMWエンジン性能 BMW R18 VS ホンダゴールド ウイング DCTエンジンのまとめ

今回、BMW R18 エンジン性能について記載させて頂きました。

純真に、BMWの伝統ある水平対向エンジンを味わってみたい人にはR18のエンジンは適切なエンジンだと思います。

コメント

  1. より:

    ドッククラッチトランスミッション?

    • てばさき てばさき より:

      ドッグクラッチ式6速トランスミッション、独立型トランスミッションケースの誤りでした。ご指摘頂き有難うございました。勉強になりました。

タイトルとURLをコピーしました