中古アルファードをカスタムするならKUHL社とエムズスピードで値段を比較検討しましょう

車・オートバイ
CUSTOM TOYOTA ALPHARD

KUHL(クール)社の新車でアルファードのカスタムをおこなった場合、車体本体価格6,59,000円~となっています。

中古車でのカスタマイズであればこの値段よりも本体価格が安くなります。

中古車からカスタマイズしてくれる優良会社、KUHL(クール)社www.kuhl-japan.comが愛知県にあります。

もう1社、大阪を拠点とする優良カスタム会社M’z SPEED(エムズスピ-ド)社https://www.mzspeed.co.jp/があります。

中古車のアルファードをカスタムするならKUHL社とエムズスピード社で値段を比較検討することを、おすすめします。

この記事を読むとカスタムカーについてKUHL社とエムズスピード社の仕様について知る事ができます。

 

中古アルファードをカスタムするならKUHL社とエムズスピードで値段を比較検討しましょう

今回、名古屋のイベントでKUHL社がフルカスタムしたアルファードを見て来ました。

KUHL(クール)社は新車や中古車を販売するカーディーラーで、各メーカーの車を自社でカスタマイズして販売しています。

 

2023年度アルファード中古車価格

アルファードの新車価格が540万円~872万円です。

アルファードの場合、6つのグレードがあり、価格差が大幅にちがってきます。

2023年度アルファード中古車価格が680万円~1840万円です。

アルファードは中古車市場でも人気があり、値上がりしている車種でもあります。

 

新車アルファードをフルカスタムした説明

アルファードのカスタム箇所と部品名の説明です。

ALPHARD CUSTOM

 

前面カスタム

Modified Car ALPHARD diagonally front right

フロントグリルは純正を生かしています。

ボンネットスポイラーでロングノーズ化し、フォグカバーガーニッシュで立体感を強調させています。

バンパー下部に薄型ディフューザーを装着させ、車体を低く見せスポーテに仕上げています。

フロントバンパーの下部にスポーティなフロントディフューザーを装着してあります。

純正バンパーに合わせて、柔らかいアウトラインになっているのが特徴です。

 

Modified Car ALPHARD Diagonally front left

ボンネットはノーマルのままで、先端部分のみ交換し、ライト感をかもし出しています。

純正ライトを使用し、柔らかくノーズを伸ばし、さりげない変化を実現させています。

フォグの周囲にメッキ調のベゼルを装備させ、ベゼル上部にフォグカバーガーニッシュを被せることで立体感とエッジ感を強調させ、よりスポーティなフェイスイメージを実現させています。

 

サイドカスタム

Gap between the ground and the car

エアロの厚みは15mmの薄型ですが、ローダウンしても地上高を十分確保出来ます。

ローダウンなしでも似合うパーツに仕上げてあります。

展示場でのローダウン状態では、私の指が入らない状態でしたが、5cm程高さを上げる事ができると説明を受けました。

 

リアーカスタム

Modified Car ALPHARD rear

リアーフローティングディフューザーはバンパーの下部とリアディフューザーの間に空間を設け、空気の流れを表現し、スポーティなデザインに仕上げています。

画像には写っていませんが、アンダーフィンという鋭利な突起物を数枚下部に装着することで、超攻撃的なスタイルも可能になっています。

 

その他のオプションパーツ

・ホイール(ヴェルズホイール)

VERZ-KRONE / KR04 F21×9.5J+27 R21×9.5J+27

・タイヤ(ファルケンタイヤ)

AZENIS FK520L / F245/35ZR21 R245/35ZR21

・エアサスペンション(エアフォース)

SUPER PERFORMANCE AIR SUSPENSION G/ASTA next レーシングナット

・ワイドアングルドアーマイラー

 

カスタムカーを製作してくれる会社KUHL(クール)

カスタムカーを販売、あるいはカスタムしてくれる会社を紹介します。

 

カスムカー販売会社 KUHL(クール)

KUHL(クール)社は、愛知県を中心に新車・中古車を販売するカーディーラーで、愛知県に4店舗展開しています。

ただのカーディーラーではなく、最先端のカスタムカーをメインとし、オリジナル性の高い自動車を販売しています。

ディーラーで販売している中古車・新車の内装や外装に、自社開発のパーツ商品(アフターパーツ)を取り付け、ドレスアップや機能性を向上させることで、KUHLブランドとして全国展開で販売しています。

パーツやホイールのデザイン開発から生産、組立、取付、販売に至るまで、すべての工程を自社で行っている会社です。

国内や、海外で行われるカーショーで、数々の受賞歴があります。

KUHL(クール)総合サイト www.kuhl-japan.com

 

KUHL(クール)社のカスタムカーショー受賞歴

・2015・2019・2023年

東京オートサロン 総合グランプリ獲得

・2015・2016年

大阪オートメッセ 総合グランプリ獲得

・2013・2024年

東京オートサロン 最優秀賞8回獲得

 

同じカスタム会社M’z SPEEDについて

同じカスタム会社で、大阪を中心に全国展開をしているM’z SPEEDについて記載します。

M’z SPEED社ではボディキット、アルミホイール、ピラーパネルシリーズ、イージーフィットパネル、インテリアパーツ、車高調キット、キャリパーカバー、アクセサリーを取り扱いしています。

今回、アルファードの展示がなかったので、展示されていたTOYOTA NOAHのカスタム内容と価格について紹介します。

 

TOYOTA NOAH Custom Car FRONT

M’z SPEED社がカスタムしたTOYOTA NOAHの前面画像です。

 

TOYOTA NOAH DIAGONAL RIGHT

M’z SPEED社がカスタムしたTOYOTA NOAHの右斜め前の画像です。

 

TOYOTA NOAH BACK

M’z SPEED社がカスタムしたTOYOTA NOAHの後画像です。

 

TOYOTA NOAH BACK UNDER

M’z SPEED社がカスタムしたTOYOTA NOAHの後部下の画像です。

 

M’z SPEED社がTOYOTA NOAHをカスタムした部品と価格

カスタム部品 金額(円)
AES製エアロ3点キット 236,500
エアロデイライト取付工賃 74,800
Julia555 321,200
ZEUS4本だしマフラー 148,500
RSRBest車高調KIT 195,800
AES製フードトップモール 41,800
AES製リアゲートスポイラ 41,250
AES製カーボン調ピラー 15,730
エアロツートンペイント 100,000
ホワイトパールクリスタルシャイン 33,000
合計金額(円) 1,208,580

 

TOYOTA NOAH カスタム車 合計金額(消費税込)4,584,000円

 

カスタムカーについて

カスタムとは、各ディーラーで販売している車に内装や外装を追加してドレスアップします。

また、商品パーツを装着したり、取り換えることで機能性を向上させることができます。

カスタムパーツ商品(アフターパーツ)を製作している会社にたのんでカスタムした車をカスタムカーと言います。

 

各自動車メーカーがカスタムしたお宝国産車

・スバルインプレッサ S 201 : 300台限定

・1994年 S14シルビアK`sをベースにしたNismo 270R 限定30台

・2005年 5台限定 1台のみ売れた5000万円ホンダNSXタイプR GT

・マツダロードスター25周年記念モデル 限定25台(国内)

 

中古アルファードをカスタムするならKUHL社とエムズスピードで値段を比較検討しましょうのまとめ

・中古アルファードをカスタムするならKUHL社とエムズスピードで値段を比較検討しましょう

・2023年度アルファード中古車価格

・新車アルファードをフルカスタムした説明

・新車アルファードをフルカスタムした説明

・前面カスタム

・サイドカスタム

・リアーカスタム

・その他のオプションパーツ

・カスタムカーを製作してくれる会社KUHL(クール)

・カスムカー販売会社 KUHL(クール)

・カスタムカーショー受賞歴

・同じカスタム会社M’z SPEEDについて

・M’z SPEED社がTOYOTA NOAHをカスタムした部品と価格

・カスタムカーについて

・各自動車メーカーがカスタムしたお宝国産車

・中古アルファードをカスタムするならKUHL社とエムズスピードで値段を比較検討しましょうのまとめ

 

今回アルファードとTOYOTA NOAHのカスタムカーや、カスタム会社の紹介をさせて頂きました。

車のカスタムという言葉を聞いてどの様なイメージを思い浮かべますか?

暴走族が改造したやんちゃな車、好きなアニメを車両いっぱいに描いた車、カーディーラーでの限定車などを思い浮かべるのではないでしょうか。

限定車と聞いて心躍るのは、バブル期を経験した60歳以上のオジサンだけでしょうか。

若者の車離れが深刻な問題となっています。目立つイコールいじめという現在の風潮が若者のカスタムカー離れに拍車をかけているかもしれません。

しかし、「人とは違った車に乗ってみたい」、「自分だけのオシャレな車に乗ってみたい」という思いは、年齢に関係なく誰もが1度は思う事ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました